畑-2017 1-2月

今年の畑始めは1月3日。お天気にも恵まれ、新年初収穫。 大根、すぐき、小カブ、まだ残っていたパプリカ。 ここまでは良いとして、右の大きな葉っぱは、小松菜だ。すっかり巨大化してしまい、「小松菜」という名前にはそぐわない。こうなると美味しくないん…

2016年後半 ベランダ菜園振り返り

7月から更新していなかったベランダ菜園。もはや記憶が薄れ、写真を見て振り返るしかない有様だが、まとめておかないと2016年の夏野菜の記録がなくなってしまうし、2017年の新たな記録にも踏み出せない。 2017年もトマトの種蒔きを考え始める時期になってい…

畑2016-8-12月

夏から更新が滞るうち、なんと年が明けてしまった。記録のための写真でスマホの容量ばかり食うのを睨みつつ、書き進めないせいで全く消去できない。そのまま5ヶ月が過ぎた。 年末に更新しようとしたが、帰省して乱雑酔っ払って出来ず、年内ギリギリに自宅に…

畑-2016 6-7月

6時に入ると、畑は夏野菜モードになった。 6月5日。 だいぶしっかりした株になったナス。花も咲いて葉っぱもきれいだ。 パプリカは、まだ小ぶりだが、花が咲き始めた。葉色がちょっと薄いので、追肥する。 大玉トマト「麗夏」は、ちょっと混み合っている。 …

ベランダトマト2016その2

ベランダのミニトマトたちの続報。 6月19日には、色づき始めた。 6月24日には赤くなったものも。天気が良い日があると急に色づく。 そして、いよいよ6月25日に初収穫。小さいの1つを含めて5個。 6月26日は7個。 7月1日、20個。収穫量が増え始めた。 翌2日 も…

畑のズッキーニ2016 その2

5月の中下旬には、雌花ばかり咲いて、女子力?ばかり高くなった畑のズッキーニ。 あかんよ、そんなことでは! ということで、枯れた葉を整理し、追肥して樹勢の回復を待った。 5月24日。 雄花だ!5月11日以来の雄花だから、約2週間ぶり。隣の株には、咲き終…

ベランダトマト2016 その1

4月末に定植したベランダミニトマトたち。5月7日には、少し大きくなってきたのがわかる。イエローアイコ&アイコキャロルロゼ×2アイコ&キャロルロゼこの頃からぐんぐん伸び始めた。主枝も伸びるが、ちょっと注意を怠ると、脇芽もぐんと伸びるから、せっせと脇…

春夏野菜の育苗その3

残る夏野菜で育苗せねばならないのはオクラとカボチャ、モロヘイヤだ。オクラとカボチャを蒔いたのはGW前半のこと。オクラは、発芽にばらつきがある。5月3日、1つ目が発芽しかかっているのを発見した。7日には、発芽しているものが増えたが、発芽率イマイチ…

パプリカ2016 その1

2016年の新しいパプリカの育苗は既に春夏野菜の育苗で記載した。その一方、今年も我が家のベランダではパプリカが冬越しした。しかも2回冬越ししたツワモノのパプリカもいる。冬越ししたパプリカを我が家では「越冬パプリカ」と呼び、生年ならぬ1年目の正規…

畑-2016 5月

5月の記録は、まずはソラマメから。5月9日。強風で倒れた後、うまく起こせなかった株を中心に、なんとなく勢いを失いつつある。収穫量も何となく落ちてきた。真面目に数えてみると、3粒以上の実入りの鞘が18本、2粒24本、1粒9本。ということで、そろそろ、ソ…

畑のズッキーニ 2016 その1

畑のズッキーニについては、受粉と着果の記録が細かいので、別にまとめることにした。3月13日、ズッキーニを定植した。まずまず順調に成長し、4月23日。畑に行った際に、咲いている雄花1つとそろそろ咲きそうな雌花1つを発見。しかし、雄花は花粉が出ておら…

春夏野菜の育苗その3

夏野菜の主役といえば、我が家では何といってもトマトだ。今年は3月の三連休に旅行予定もあって、トマトを蒔いたのは例年より遅めの3月12日だった。畑用の大玉トマト「麗夏」、ミニトマトの「アイコ」「イエローアイコ」「キャロルロゼ」をポリポットに蒔く…

畑ー2016 3-4月

3月に入った。野菜の品種別に時系列で振り返り。-ソラマメ3月5日、まだ背がどんどん伸びて、花も次々に咲いている。2月下旬から3月上旬は、先端にびっちりついたアブラムシをせっせと駆除していた。このまま放置すると、真っ黒になって病気になり、悪くする…

第2、第3世代の葉ものたち

葉ものたちの振り返り。まず、12月6日に蒔いた第2世代に当たるほうれん草、水菜、小カブ「あやめ雪」のミックスプランターの2月21日の様子。ほうれん草以外は、あまり大きくはならないが、あやめ雪も2センチぐらいのカブになった。ここで全部さっさと食べて…

春夏野菜の育苗その2

2月29日の苗たちの様子。ブロッコリーは、順調に育っている。キャベツも、ブロッコリーより小さいが順調だ。3月12日には、どちらも大きくなった。ブロッコリーは定植できそうな大きさに。こちらはキャベツ。さて、ズッキーニは、成長が早く、5日の日に畑に定…

ミニトマトたち番外編その4

ミニトマトはいよいよ終盤。2月9日。5つ収穫。そして、2月14日。寒波で枯れた枝を撤収し、整理した。普通サイズ4つとチビ2つ。さらに20日、3つ収穫した。さらに25日。29日。そしてとうとう3月に入った。3月3日。とうとう、これで最後。もう枝もほとんど枯れ…

畑-2016 1-2月

畑の仕事初めは、1月9日になった。いや、正確にはM君はずっと水やりを始め農作業をしており、両家揃っての農作業が9日となったというべきだ。 その頃にはキャベツも大きくなってきた。ブロッコリーは側蕾にもかかわらず、かなり大きい。ちなみに、この後、ブ…

春夏野菜の育苗その1

春から夏の野菜の育苗を順次開始している。まず、1月19日に、畑用のブロッコリーとキャベツ、それからベランダ用のオータムポエムの育苗を開始。ダンボールごと薄いビニール袋に入れ、夜は湯たんぽを下に敷いていた。その後、2月9日にはこんな感じ。天気の良…

パプリカ2015その9

2月11日、越冬パプリカ2014から大きめのピーマン大の黄色パプリカを2つ収穫。この時、まだ小さい実が2つほどなっていた。もしこの株を再越冬させるなら、そろそろお休みさせた方が良いだろうが、本当に再越冬させて3年目の栽培なんぞやるんだろうかと悩み…

第1・第2・第3世代の葉ものたち

これも3ヶ月分の振り返り。まず、2015年度の秋まきの葉もののうち、トラブルなく順調に育ったプランターのほうれん草&小カブ「あやめ雪」&小松菜の鉢は11月下旬から虫との戦いが発生。急いで撤収、消費する結果になった。次いで、吊り鉢に育っていたほうれ…

大根その他もろもろ

まず、秋に終了した夏野菜の成績記録から。モロヘイヤは10月初めに撤収した。その後にレタス「リバーグリーン」が定植されている。こちらは1月12日の様子。予定ではスナップエンドウであったのだが、畑で作り始めたので、プランターでの作付は見送ることとし…

パプリカ2015 その8

2か月経っての振り返り。まず、11月9日、一番西側のプランターの黄色のパプリカを3つ収穫した。ピーマンより少し大きい程度の小ぶりサイズ。この時点では、越冬パプリカ2014も含め、どのパプリカも青々してまだ元気だった。11月15日には、2015年度の茶色の丸…

ミニトマトたちその10番外編3

昨年12月は、つくづく暖い日が続いた。最高気温が14度ぐらいまで上がる日も多く、下手すると週に一度ぐらい18度まで上がったり。とても12月とは思えない気温で、ミニトマトにとっては頑張れば耐えられなくもない、といったところだったのだろう。おかげでな…

新たな畑

今の団地に引っ越し、実家も引っ越して、地面の畑がなくなって何年か経った。最近になって、まだ以前いた社宅に住む友人Mくんとその奥さん、お子さんという「M家の人々」と飲んだ。その際、かつて社宅でやっていた畑の話になり、非常に懐かしんでいたところ…

第1世代の葉ものたち その2

第1世代の葉ものたちのうち、トラブルがなく順調に育った一派は、そろそろ食べられそうな様子になってきた。小カブ「あやめ雪」は直径3センチといったところ。地植えに比べれば半分以下のサイズだが、プランターなので、もうちょっと待っても、せいぜいあと2…

ミニトマトたち その9 番外編2

その後もミニトマトの収穫が続いている。10月22日、パプリカと一緒に撮った写真。26日には吊り鉢のアイコも色付いた。27日にパプリカと収穫。さらに31日にも11個収穫。11月1日には、4つ。しかも、ベランダの外から見たらこんなところに!ほうれん草の鉢の裏…

パプリカ2015その7

9月9日の台風18号の被害はパプリカにも発生した。2015のパプリカのうち、茶色の深鉢に植わっていたパプリカの枝は一本折れてしまった。やむを得ず、青い実も、葉もそれぞれ炒めて食べてしまった。(葉っぱは佃煮にする人が多いようだが、個人的にはベーコン…

第1世代の葉ものたち2015

2015年度秋冬の葉ものたちを育て始めた。ここでいう「葉もの」とは、ほうれん草、小松菜など葉を食べるものだけではなく、菜花やオータムポエム(アスパラ菜)といった花蕾を食べるものに加え、小カブ「あやめ雪」まで含んでいる。つまり、「比較的、早く仕上…

*ミニトマトたちその8 番外編

8月末に、ミニトマトはほぼ撤収し、着果したものも望み薄だから、夏も終わりだと書いた。しかし、その後、残されたキャロルロゼと「お名前不詳トマト」(たぶんシンディースイート)、吊り鉢の貧弱なアイコは、9月に入り涼しくなったところに、さらに台風が来…

夏の終わり-ミニトマトたちその7

これでほぼお終い。 気温が下がって、急に元気になったミニトマトが2本残っており、少しは着果もしているようだが、良い成育は望めそうにない雰囲気。 ということで、2015年の収穫納めは8月24日でした。

オクラその3&モロヘイヤその3

オクラはハダニ駆除のために、毎日のように酢入りの水を霧吹きしていた甲斐があったのか、8月に入り、元気が戻り成長し始めた。 そして現在、このぐらい。やっと蕾が見えてきた。 気温が下がる9月末までの一ヶ月程度の間に、何本か食べられると良いが、手遅…

ミニトマトたちその6

パプリカの写真に一緒に映り込んでいたが、お盆前までは、週に1度は結構収穫できていた。 これは6日。 しかし、続く猛暑で明らかに高温障害と老化でトマトたちは一気に弱ってしまった。どんどん葉が枯れて落ちていく。 なんとか頑張って、12日。 16日にもパ…

パプリカ2015その6

7月末に量産体制に入ったパプリカ。 8月2日に5つ 4日に3つ 8日に4つ 12日に2つ 16日に1つ 計15個。子どもがへし折った3つを入れて、7月中に7つ採れているから、収穫数は22個ということになる。 このうち、越冬パプリカ2014の実は5つ。かなり大きくなったとこ…

作付図更新

作付図を更新した。大まかなこの秋から次の春・夏にかけての方針としては、 ・冬野菜は9月始めに蒔いてなるべく年内に収穫可能にする(大根類、ミニカリフラワー等) ・年末から1月に定植する葉ものは、11月頃から別に育苗しておく ・収穫期が3月にさしかか…

パプリカ2015その5

パプリカも大急ぎで振り返りをしよう。 越冬パプリカ2014の最初の大きな実は、7月5日を過ぎた頃から色づき始めた。11日がこんな感じ。 21日にはかなり黄色くなった。 そして25日には十分な色合いに。 パプリカ2015の方も、その頃からどんどん実が成長してい…

ミニトマトたちその5

その5と言いつつ、1ヶ月以上空いて、全盛期の報告を後からするような感じになってしまった。6月26日頃はこんな感じで、樹の感じも若々しく、美しかった。 6月30日の収穫はこんな感じ。 で、7月3日までの間に、58個収穫したところまでは、数えたのよ。その後…

オクラその2 補足

オクラの不調の原因が判明した。 ずばり、ハダニ。 何となく葉色が抜けてきたのを見て、まだ小さな葉を裏返してよく見たら、おるわ。おるおる。吊鉢のトマトも、小さめの丸鉢のトマトも、ベランダの軒下のものは、どれもハダニのせいでボロボロ葉が落ち、大…

オクラその2&モロヘイヤその2

モロヘイヤがちょっと大きくなった。 そしてオクラ。 どれもちゃんと定着した。しかし、雨が多い上に、夏至頃はうちのベランダは陽が差し込まない。このため、どうもオクラの成育が悪く、葉が黄変して落ちたりしている。これはまずい。お日様を願う今日この…

ミニトマトたちその4

一番良く育っているオレンジキャロルが収穫モードに。 現在、収穫総数18個。 そして、6月21日、アイコが初収穫。 2個のアイコを収穫して子どもは嬉しそうだ。サイズも、お店より大きいぐらい。おいしそう!その他のトマトのレポート。 良い話としては、お名前…

パプリカ2015その4

越冬パプリカ2014。 実は、沢山実をつけすぎたのか、2番目に大きかった実はぽろりと落ちてしまった。ピーマンより大きいぐらいのサイズだったので、残念(おいしく食べたけどね)。 一番大きい実がお店サイズなので、これに栄養を持って行かれてしまったのか…

パプリカ2015その3

越冬パプリカ2014が順調過ぎてすごい。 一番大きな実は既に小ぶりのピーマンをぐぐっと太らせたサイズ。数えると、全体で少なくとも5つは着果しており、どんどん花が咲いている。着果せずに落ちる花もちらほらあるが、株がとにかく元気できれいだ。越冬した…

ミニトマトたちその3

一番生育が早いオレンジキャロルが6月に入り色付きはじめた。 6月7日に初収穫。最初は1つだけ。9日、さらに2つ収穫。 今年はどの株から幾つ収穫できたか星取表でも作成してみようかな。その次に生育が良いのは、アイコ&キャロルロゼの鉢で育つアイコだろう。…

モロヘイヤその1

モロヘイヤは、株間を広げるために移植したり、少し数を調整した。葉っぱが順調に増えてきているところだ。 梅雨の間にぐんと大きくなるかな。

オクラその1

5月31日、オクラを2本、菜園深型プランターに定植した。根が傷みやすく移植に弱いということで、そっと定植。幸いにして今年は順調に育ち始めた。 最初の難関突破。めでたしめでたし。

アスパラ2015その3

収穫をいったんお休みしたアスパラ。左の株はGWの間に、食べられないのが残念な太さの芽が2本出て、立派な草丈になった。右の株は、まだ一本しか茎が伸びていないのでちょっと心配だ。 背が高すぎて写真が上手く撮れないので、写真は割愛。

スープセロリその2

GW前、スープセロリがバラバラと発芽し、過密状態になった。このため、一部をニンジン「ベーター312」の鉢に移植した。 現在の状況はこんな感じ。スープセロリのみのプランターには、かなり草丈が伸びたものもあり、そろそろ収穫できそう。 こちらはニンジン…

パプリカ2015その2

越冬パプリカ2014の調子がぐんと良くなった。枝が伸び、花芽もたくさんついている。手前が越冬パプリカ2014、奥に移っているのは今年のパプリカだ。 実は越冬パプリカの最初の花芽は、切り詰めた軸からほとんど葉が伸びないうちについた。このため、1番、2番…

オクラとモロヘイヤの育苗開始

5月17日、オクラとモロヘイヤを蒔いた。 オクラは本当は直まきが良かったのだが、鉢が準備できずやむを得ずポット蒔きに。 モロヘイヤはプランターに直まきした。ともに種がちょっと古いので、発芽するか多少心配したのだが、21日にはどちらもまずまずの本数…

ミニトマトたちその2

今年のミニトマトについては、事故と予想外の出来事が発生した。 まず事故報告。オレンジキャロルと一緒のプランターに定植したキャロルロゼ。GWに鉢を移動する際、よりによって一番上の成長点がある芽が折れてしまった。このため、主軸は太く成長しているも…

第5世代の葉もの達

第5世代の葉もの達の育成のほとんどは、GWで限界を迎えた。 主原因はアブラムシの急増だ。寒冷紗、不織布などでカバーするといよいよ増殖する。1日カバーを外さずに水やりすると、その翌日は、葉の緑が見えないぐらい灰緑色のアブラムシが若芽を埋め尽くして…