久々に実家など

久々に実家に帰った。もうすぐ引っ越しの予定なのだ。
実家の畑は、昨年一年間、一昨年に大量のニンニクを仕込み、春に芽が出たジャガイモを植えただけだ。それぞれ適当に豊作だったのを初夏に収穫し、その後は完全に放置されていた。

もはや畑だったとは思えない様子だ。

かつてはこんなだったのに。








こんなばかでかいキャベツ「超大玉」を育てたり。


変な形になる芽キャベツも作っていた。

変わった色のカリフラワーも作っていた。

紫と言えば紫玉ねぎも作った。

春には葉っぱばかり採れて青虫じゃないと苦情が出たり。

初夏にはジャガイモ「きたあかり」がとれ、

小玉スイカにもトライしたっけ。

夏はこんなものが採れたり。


秋から冬には、「かわいい大根」なんかじゃない「秋王」とかフツウの大根も育てていたし

聖護院も作って正月は必ず千枚漬けにしていた。

一年に何度かこんな作付図なんかもまめに作っていた。


ああ、やっぱり畑はいいなぁ。いくら小さな庭でもプランターとはスケールが違う。
思えば、かれこれ10年ぐらいこの畑(庭)にお世話になったろうか。豊かな思い出に感謝。